公明党 大阪府河内長野市議会議員 浦山宣之 オフィシャルサイト

プロフィール

  • HOME »
  • プロフィール

ご挨拶 【新時代開幕。希望あるビジョンを示し、知恵の総結集で未来を拓く】

 新しい元号「令和」の発表とともに心が明るくなった人が多いのではないでしょうか。この元号には「一人ひとりの日本人が明日への希望とともに、それぞれ花を大きく咲かせることができる」の思いが込められています。本市も1人ひとりが輝くまちになることを願い、私も全力で頑張っていきたいと決意を新たにしました。
一方で、平成の時代から全国的にも人口減少社会に突入し、本市でも徐々に深刻化してきています。そんなときはえてして不安となり、閉塞感が漂ってしまいます。このような局面こそ希望あるビジョンを示し、職員、議員、関係機関、市民の皆様の知恵や行動、団結で挑み、人口減少に負けないまちの活力維持を一歩一歩積み上げていくことが不可欠と考えます。
そのためには、将来を見据えたさまざまな施策や行財政改革を進め、一番大切なのは市長の断固たる決意と全職員の士気を高めるリーダーシップで市一丸となり、前進する必要があります。そのような思いで先の3月議会での会派代表質問を行いました。
どこまでいっても皆さまのご支援いただく真心に恩返しする。新しい時代になっても、その強い思いでこれからも「子育てのまち」「年を重ねても安心して暮らせるまち」「行財政改革」を推進してまいります。

河内長野市健康日本一をめざして!

介護フレイル予防で健康寿命延伸のまちづくりへ
 フレイルとは日本語で「虚弱」を意味し、健康と要介護の間の状態をいいます。その状態をいち早く見つけ介入していくことで、要介護状態を避ける取り組みが注目されています。
先進市では、フレイルの要素である栄養、運動、社会性が入ったフレイルチェックを官民連携で市域全体を視野に入れ、展開しています。例えば、社会性の項目の質問に「いつも1人で食べているのか」があります。これは孤食の有無を確認しています。最近の研究では、孤食であるとうつ傾向となり、栄養面、運動面も低下しやすく、要介護のリスクが高まることがわかってきました。このフレイルチェックの視点を市民一人ひとりが知ること、互いに気づかい、日常的に人が集まるところや地域の事業者など、いろんな機会・場所で行えるよう設計されています。
まず大切なことは、〝フレイル〟という心身の変化をまず市民一人一人が知ることです。本市もこの取り組みを展開していけば健康寿命が延びると思います。(3月議会の代表質問より)

プロフィール

■学 歴
昭和55年南砺市立福光南部小学校卒
昭和58年福光町立福光中学校卒
昭和61年富山県立南砺福光高等学校卒
■経 歴
平成元年国立大阪南病院附属看護学校 卒業
平成元年国立大阪南病院 (現 大阪南医療センター) 勤務(9年)
平成9年りんくう総合医療センター 市立泉佐野病院 勤務(約2年)
平成11年医療法人 春秋会 城山病院(羽曳野市) 勤務(2年)
平成13年イギリス「身体障がい者施設」で研修(1年)
平成15年城山病院 勤務(10年) 看護師長
平成26年河内長野市議会議員当選
平成30年河内長野市議会議員2期目当選
■略 歴
党支部長
決算常任委員会委員
福祉教育常任委員会委員
河内長野市・橋本市・五條市広域連携協議会委員
■パーソナルデータ
資格正看護師・臨床工学技士(透析機器・人工呼吸器などを操作)

防災士
身長173.5㎝
血液型B型
家族構成妻・長男・次男
趣味特技読書・野球・映画鑑賞
好きな言葉「勇気」「継続は力なり」
好きな食べ物麺類(ラーメン、うどん) おはぎ
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP