公明党 大阪府河内長野市議会議員 浦山宣之 オフィシャルサイト
活動報告
  • HOME »
  • 活動報告 »
  • 活動

活動

<市の活性化に向けて>日本遺産認定制度、いよいよ大詰め。文化庁に陳情へ

本年1月16日、島田市長、担当課長、会派議員らと日本遺産認定の陳情のために文化庁へ陳情に行きました。 選考はいよいよ最終段階。市として起爆剤となる可能性がある日本遺産認定。最後まで全力で後押ししていきたい。

「年を重ねても安心して暮らせるまちへ」

高齢に伴う免許返納後の支援策の強化などを3月議会で提言交通対策特別委員会ではこれからの本市の交通課題に対して、この3月議会で政策提言を行います。高齢に伴う免許返納への支援の充実、モックルコミュニティバスの改善など、年を重 …

子育てのまちの充実・空き家対策

市内外に誇れる府内トップレベルの教育環境!を市内外に発信!!定住・転入につなげる! 河内長野市の大きな強み、特に府内でもトップレベルの教育環境であること。意外と市民の方も知らない状況が残念でなりません。さらにこのことを子 …

H29.8月 市議会研修会

市議会研修会で「認知症サポーター養成講座」を受講しました。 H29年3月議会の代表質問をし、議員や市職員全員の受講へと進みました。

H29.7月 第22回市議会報告会を開催しました!

開かれた議会を目指して、今回で22回目を、迎えました。 その時の議会での議論や紹介をし、さまざまなご意見・ご要望をお聴きしている場となっています。広く市民の方に参加していただいています。

H29.7月 観光事業の要望に文科省へ行きました!

島田市長、担当課と同行し、文科省へ「歴史文化基本構想を活用した観光拠点事業」の要望に行きました。

在宅医療・介護の多職種連携を強化!

【視察】年を重ねても安心して暮らせるまちづくりのために在宅医療・介護の多職種連携を強化! 医師会、地域医療連携室主催の「連携カフェ」に参加させていただきました! 連携カフェの目的は、年を重ねても安心して暮らせるまちづくり …

☆交通対策特別委員会から今年度、市へ提言をします!

年を重ねても住み慣れた地域で自分らしく安心して暮らしていくためにもまちづくりの観点を外してはなりません。 特に河内長野市の特徴等を踏まえ、高齢者が免許を返納した後の支援、買い物や移動を支援するお出かけ支援をいかに仕組みと …

☆認知症になっても安心して暮らせるまちへ

~全職員が認知症サポーターへ~ 超高齢化社会の中、認知症になどで要介護状態になったとしても、住み慣れた地域で安心して暮らせる、支え合いができるまちづくりを目指しています。 河内長野市は、市長、副市長が認知症サポーター養成 …

9月7日 371バイパス視察

橋本市、河内長野市の両市長・市議会で国道371号バイパスの工事の視察に行ってきました。 防災、交流人口等に寄与する大切な道路。完成は平成34年頃と。 富田林土木事務所、工事担当業者の方々には安全に、かつ健康に留意して工事 …

Page 1 / 3123
PAGETOP